【保障内容変更】
2017年7月2日に商品名がスマイルセブンαとなり、保障内容が少し良くなり、その分だけ保険料が1割ほど高くなりました。
前商品からの変更点はこちらで確認できます。

男性の保険料(月額):2,614円
女性の保険料(月額):2,453円
(30歳、終身払、7大疾病一時金100万円、保険料払込免除特約付き、がん先進医療特約付)

がん(上皮内新生物も含む)のみならず、他の6大疾病に関しても保障されるという、他とは一線を画したがん保険です。病気の際の給付条件も悪くなく、保険料払込免除特約にも7大疾病が適用されるという信じられないような保障となっています。

診断給付金のみのシンプルなタイプの中では保障内容の良さが群を抜いているため、がん保険を探している方は逃さずチェックしておくべき商品と言えます。

押さえておきたい注目ポイント

朝日生命のがん保険「スマイルセブンα」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

がんを含む7大疾病と診断された時に一時金が支払われる
主契約が診断給付金のみのシンプルながん保険の中ではトップクラスの保障内容
上皮内新生物に関しても悪性新生物と同額の保障
急性心筋梗塞、脳卒中の給付条件が厳しくない(治療のための入院を開始、または手術)
保険料払込免除特約にも7大疾病が適用される(上皮内新生物は対象外)
先進医療特約まで秀逸!がん治療に限定されず、さらに給付金が多く貰える
がんの2回目以降の給付条件が分かりにくく、場合によっては通院が含まれないのが痛い
申し込む場合は保険ショップか銀行窓口を使うことになる
会社の評価がイマイチなのが気になる
スポンサーリンク


以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

スマイルセブンαの詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身払
・7大疾病一時金:100万円
・保険料払込免除特約付き
・がん先進医療特約付

契約年齢 男性 女性
20歳 1,788円 1,849円
30歳 2,614円 2,453円
40歳 4,023円 3,330円
50歳 6,427円 4,547円

※ 上の表は2017年7月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

内容が非常に充実しているのに、保険料は安めに設定されています。現状では最もお勧めのがん保険の一つに間違いありません。

保障内容

項目 内容
種類 【がん保険】
・がんと診断された時に給付金・一時金が支払われる
・保険料は掛け捨てで、解約返戻金や満期時の保険金として戻って来ない
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 15~80歳
7大疾病一時金
(特約含む)
30万円~500万円(10万円単位で設定可能)
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身
保険料払込期間:60・65・70・75・80歳払済、終身払
特約 【無配当7大疾病初回一時金特約】
7大疾病(上皮内新生物も含む)により所定の状態に該当されたときに保障(1回のみ)
【保険料払込免除特則】
7大疾病(上皮内新生物は含まない)により、所定の状態に該当したときに以後の保険料の払い込みが免除される
【無配当先進医療特約】
所定の先進医療による療養を受けられたときに保障(支払限度額2,000万円、見舞金限度額200万円)
払込回数 月払、年払
(支払いはまとめた方が少しお得に)
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払(年払には対応していない)
保険料の
払込免除
特約で付けられる(有料)

保障プラン

項目 基本
プラン
【主契約】
7大疾病一時金
(2年に1回を限度で何回でもOK)
30万円~500万円
(10万円単位で設定可能)
【特約】
7大疾病初回一時金
(1回限り)
【特約】
がん先進医療給付金
先進医療にかかる技術料と同額
(1回450万円、通算2,000万円限度)
【特約】
がん先進医療見舞金
先進医療給付金の10%相当額
(1回45万円、通算200万円限度)

メリット部分

がんだけでなく、他の6大疾病の場合にも保障される

この保険の素晴らしいところは、がんだけでなくその他の6大疾病(急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中・脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患)でも保障されるというところです。

他のがん保険では当然がんしか保障されませんし、ヘタをすると上皮内新生物は対象外になるか、給付金額が低くなるという保障内容のところも少なくありません。

その点、スマイルセブンαはがんだけを見てみても他と遜色ないばかりか、比べる会社によっては優れている場合もあります。というのも、スマイルセブンαでは悪性新生物だけでなく、上皮内新生物も同額で保障されるのです。

さらに6大疾病になった場合でも同額の保障がされるというのは本当に凄いの一言です。これで保険料も高すぎないのですから、もはや言うことはありません。

褒めすぎかも知れませんが、この保険はチェックしておいて損はないと思います。

また、2回目以降も2年に1回を限度に無制限で保障されますが、例えパンフレットを読んでいたとしても2回目以降のがんの給付金支払いの条件がとても分かりにくくなっています。この点についてはページ下のデメリット部分で詳しく解説していますので、興味がある方はこのまま読み進めていただければと思います。

急性心筋梗塞、脳卒中の給付条件も良い

急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中は「治療のための入院を開始、または手術」により一時金を受け取ることができます。

よくありがちな「入院○○日が条件」などはありませんので、この点もスマイルセブンαの良さと言えます。

保険料払込免除特約にも7大疾病が適用されるのが素晴らしい

スマイルセブンαでは保険料が払込免除となる特約を付けることができますが、何とこちらもがんだけでなく、他の6大疾病の所定の状態(一時金を受けとる時とほぼ同条件)になった場合でも保険料の払い込みが免除されるのです。

がんだけでなく、急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中・脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患の場合でも適用されるのは凄いとしか言いようがありません。他のがん保険とは比べられない待遇の良さです。

ただし、がんは悪性新生物のみが対象になり、上皮内新生物は払込免除の対象外となります。もし上皮内新生物も対象だったら文句なしだったのですが、さすがにそこまでにはならなかったようです。

主契約が診断給付金のみのシンプルながん保険の中ではトップクラスの保障内容

スマイルセブンαは主契約が診断給付金のみとなっている、いわゆるシンプルなタイプのがん保険です。

このような主契約が診断給付金のみのがん保険は他にもあるため、その中のどれが保障内容が良いのか・・という点はかなり気になるところなのではないかと思います。もちろん私も気になります。

そんな訳で、似た様なシンプルながん保険であるAIG富士生命の「がんベスト・ゴールドα」と比較して表を作ってみました。がんベスト・ゴールドαもかなりお勧めのがん保険ですので、これでスマイルセブンαがどんなものなのかを測ることができます。

【スマイルセブンαとがんベスト・ゴールドαの比較表】
・30歳男性、終身払、給付金100万円、保険料払込免除特約付き、がん先進医療特約付
・その他、出来るだけ似た条件で比較しています

項目 スマイルセブンα がんベスト・ゴールドα
保険料 2,614円 2,310円
保険期間 終身
がん(悪性新生物)
の保障内容
2年に1回を限度に何度でも100万円を受取可能
がん(悪性新生物)
の2回目以降の給付条件

(詳しくはデメリット部分で解説)

(入院・通院を問わない)
上皮内新生物
の保障内容
100万円
(2年に1回を限度に何度でもOK)
50万円
(2年に1回を限度に何度でもOK)
7大疾病の保障 がんを含む7大疾病で100万円 がんのみ100万円
保険料払込免除 がんを含む7大疾病で
所定の条件を満たせば
(上皮内がんは対象外)
がんのみ
(上皮内がんは対象外)
先進医療の
給付金
技術料の110%まで
(通算2,200万円限度)
技術料と同額
(通算2,000万円限度)

これを見ると保険料の安さと悪性新生物の2回目以降の給付条件こそがんベスト・ゴールドαの方が良いですが、上皮内新生物の保障内容、がん以外の6大疾病に対する保障、保険料払込免除の範囲の広さ、先進医療給付金額ではスマイルセブンαの方が好条件となっています。

また、がんベスト・ゴールドαの方が保険料が安いとはいえ、ほんの少しの差でしかないため、上皮内新生物の高額保障や7大疾病にも対応しているスマイルセブンαの方が魅力は大きいと言えるでしょう。

がんベスト・ゴールドαもかなりの魅力を持っており、数多くのFPが推奨するくらいのお勧め度を誇っているのですが、スマイルセブンαはそれをも超える、現時点で最強レベルの保障内容を持っているがん保険だと思います。

先進医療特約まで秀逸!がん治療に限定されず、さらに給付金が多く貰える

スマイルセブンαは先進医療特約も秀逸です。どう優れているのかと言うと、他のがん保険の先進医療特約は「給付対象ががん治療に限定されている」のですが、スマイルセブンαの先進医療特約は「がん以外の治療も給付の対象」となっているのです。

また、通常の先進医療給付金の他に見舞金も支給される仕組みになっており、先進医療給付金の10%相当額を見舞金として余分に受け取ることができるようになっています。

先進医療特約は健康保険が効かないような最先端の治療を受ける場合にかなり役立つ特約なのですが、例えお勧めと言われているがん保険でもがん治療に限定されている場合がとても多いのが現状です。そんな中、スマイルセブンαはがん治療以外も給付され、さらに見舞金として10%も上乗せされるのです。

先進医療特約にまでここまでのメリットを作ってくれているスマイルセブンα、本当に凄すぎます・・。

デメリット部分

がんの2回目以降の給付条件が分かりにくく、場合によっては通院が含まれないのが痛い

スマイルセブンαはメリット部分が非常に多く、デメリットとして気になる点はあまり見当たらないのが現状です。

ですが、あえて挙げるとするなら「がんの2回目以降の給付条件の分かりにくさ」が挙げられると思います。

具体的にがん(悪性新生物・上皮内新生物)の2回目以降の給付条件を挙げてみますと

  • 2年に1回を限度に、回数無制限で受け取れる
  • 2年経過後に新たな悪性新生物(または上皮内新生物)と診断確定されたとき
  • 前回の支払事由該当日から2年経過前に以前かかったがんで入院し、そのまま2年経過日を過ぎても入院している場合
  • 前回の支払事由該当日から2年経過後に以前かかったがんの治療で入院を開始した場合

まあ文字で見ても分かりにくいのですが、ポイントとしては「新たながんに関しては診断確定だけでOK」となっており、「前回に支払い理由となったがんに関しては、再発(または継続治療)しても入院だけしか受け付けません。通院だけだと払いませんよ」と言っているのです。

新たながんか、以前かかったがんかによって条件が変わるということですね。

この2回目以降の給付条件に関しては相当分かりにくいようで、カスタマーセンターの人も「この部分のお問い合わせはとても多いんですよ・・」と言っていたほどです。

とりあえず、条件次第では通院だけだと給付条件から外れてしまうということですので、がんベスト・ゴールドαと比べると少し範囲が狭いということになります。

もしこれを読んでも理解できなかった場合は、朝日生命のカスタマーセンターに直接電話で聞いてみてください。
お問い合わせ|朝日生命保険相互会社

会社の評価がイマイチなのが気になる・・

朝日生命は現在のところ、お世辞にも会社の評価が高いとはいえません。

格付投資情報センター(R&I)での評価は2017年3月23日時点でBBとなっています。(参考資料⇒朝日生命の保険金支払能力BB[安定的]を維持

これは評価的にはちょうど中間くらいであり、決して高い評価とは言えません。他の保険会社ではAやAAのところもあるため、これだけを見るとちょっと不安がよぎってしまいます。

例え会社が倒産しても「生命保険契約者保護機構」があるので一定の救済は受けることができますが、契約的に不利になるケースが出てこないとも言い切れません。出来れば頑張って経営してもらい、倒産だけはしないようにしてほしいものです・・。

スマイルセブンからの変更点

2017年7月2日にスマイルセブンからスマイルセブンαとなり、保障内容が少しだけ良くなり、逆に保険料が少し高くなりました。

保障内容の変更点は「一時金の2年に1回のお支払限度をがんとがん以外の6大疾病でそれぞれ別に適用」となるところです。

これはどういうことかというと、今までだと例えば肝硬変になって一時金100万円を貰ったとして、そこから2年経過するまでは別の病気(例えば肝細胞がん)になった場合でも2年経過後まで一時金を再度貰うことはできませんでした。

ところが、スマイルセブンαでは「がん」と「がん以外の6大疾病」でそれぞれ別に適用となりますので、例えば肝硬変になって一時金100万円を貰ったとしても、その後2年が経過する前に肝細胞がんになった場合はその時点で一時金100万円が貰えるようになったのです。

これにより、がん以外の6大疾病の支払事由に該当した場合でも、がんの保障が途切れることはなくなったのです。一時金を貰える可能性が増えたことになりますので、これは嬉しい改善と言えますね。

ただし、もう一点の変更点として「保険料の値上がり」があります。以前の商品と比べると大体1割程度高くなっていて、契約年齢が高くなるとその割合も高くなる感じです。

それほど大幅な値上がりではありませんが、数年・数十年という契約期間を考えると、数百円の保険料の差でも最終的にはかなりの金額になってしまいます。この点を考えると、今回の改定はちょっと痛いなと感じてしまいますね。

とはいえ、スマイルセブンαとなった現在でもお勧めがん保険には変わりありませんので、チェックしておくべき商品なのは間違いありません。

申し込み前の注意点

申し込む場合は保険ショップか銀行窓口で可能

スマイルセブンαはがん保険を検討する方は是非ともチェックして欲しい保険ですが、何故か現在は申し込み方法が限られています。

申し込む際は各保険ショップや銀行窓口(西京銀行、トマト銀行、西日本シティ銀行、名古屋銀行)で予約してからの訪問という形になりますので、興味がある方は予約を検討してみてください。

保険ショップであれば色々な商品を比較してくれるので、スマイルセブンα以外の情報が欲しい方にもお勧めです。近くにショップがある方は是非とも利用してみてください。自宅近くの保険ショップはこちらのリンク先から探せます。
保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】

保険ショップに相談に行く際の注意点として、朝日生命を取り扱っているかを申込み時点で確認しておくことをお勧めします。電話番号は上のリンク先に載っていますし、スマホなら1タッチで電話することができます。

メディフィットPlusとの違い

この保険はメディケア生命の「メディフィットPlus(プラス)」ととても良く似ています。そしてメディフィットPlusは当サイトで取り上げているがん保険の中でも特に高評価を付けていますので、「スマイルセブンαとメディフィットPlusはがん保険としてどちらが良いの??」と疑問に思う方も多いかと思います。

そんな方のために、2つの保険を徹底的に比較・検討したページを作っておきました。どちらで契約すべきか迷っている方は、よければチェックしてみてください。
スマイルセブンαとメディフィットPlus(プラス)の違いと、どちらが良いのか?の考察

管理人の最終評価

現状ではがん保険の中でも特にお勧めと言えます。がんを含む7大疾病全てが対象となっており、上皮内新生物も同額保障という驚きの保障内容となっています。

それでいて保険料が安いので、がん保険を検討する際は「まずはスマイルセブンαを検討してください」と言いたいくらいお勧めですね。資料は取り寄せておいて損はないと思います。

管理人taka管理人taka

がん保険をお探しの方はこちらのがん保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

保険の相談は保険ショップの利用がお勧め

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFPに相談をお願いするのもお勧めです。かなり多くの会社・商品の中から比較・検討してくれますので、私たちに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。

お近くのショップはこちらから探せます
保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」

スポンサーリンク