男性の保険料(月額):2,401円
女性の保険料(月額):2,521円
(30歳、基本プラン、がん診断給付金50万円、がん先進医療特約付き)

楽天生命のがん保険です。抗ガン剤治療やホルモン剤治療、放射線治療に対して手厚い保障を用意してくれているため、長期のがん治療を想定する場合は役立ってくれる商品となっています。

楽天カードで保険料を支払うことで楽天スーパーポイントバックがより多くなりますので、その点も魅力的なポイントとなっています。

ただし、長期的に備えられるがん保険は他にも良い商品があるため、それらと比較した上で加入するかどうかを決めるのが良いかと思います。

押さえておきたい注目ポイント

楽天生命「スーパーがん保険」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

【メリット】

  • 保障内容が充実しており、長期のがん治療に対応しているが、他のがん保険と比較が必要
  • 楽天スーパーポイントバックが利用できるため、保険料が少しお得になる
  • 基本保障に保険料払込免除が付いている

【デメリット・注意点】

  • チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」の方が保障内容が良くて安い?
  • 先進医療特約が10年更新で、なおかつガン治療に限られている
  • 終身払しかない
スポンサーリンク

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

楽天生命スーパーがん保険の詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身
・抗がん剤治療給付金:10万円
・がん診断給付金:50万円
・がん先進医療特約

契約年齢 男性 女性
20歳 1,806円 1,901円
30歳 2,401円 2,521円
40歳 3,421円 3,341円
50歳 5,161円 4,046円

※ 上の表は2018年9月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

毎月の給付金+がん診断給付金が受け取れるプランですので、表の保険料は少し高めとなっています。

保障内容

項目 内容
契約可能年齢 20歳~75歳
基本給付金額 10万円・20万円・30万円
入院日額 5,000円~30,000円
(1,000円単位で設定可能)
がんで入院した場合の支払い日数制限 支払日数無制限
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身
保険料払込期間:終身
主契約 【抗がん剤治療給付金】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物で抗がん剤治療を受けたとき、給付金が支払われる
(1ヵ月に1回、通算36回まで)
【ホルモン剤治療給付金】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物でホルモン剤治療を受けたとき、給付金が支払われる
(1ヵ月に1回、通算60回まで)
【放射線治療給付金】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物で放射線治療を受けたとき、給付金が支払われる
(60日に1回、支払回数無制限)
【手術給付金】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物で手術を受けたとき、給付金が支払われる
(支払回数無制限)
【がん治療支援給付金】
がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき、給付金が支払われる
(1回に限る)
【保険料払込免除】
・不慮の事故で約款所定の身体障害状態になったとき
・がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき
以後の保険料の払込は免除される(保障は継続)
特約 【がん診断給付特約(悪性新生物)】
がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき、2回目以降はがん(悪性新生物)で入院したとき、給付金が支払われる
(1年に1回、通算6回まで)
【がん診断給付特約(上皮内新生物)】
上皮内新生物と初めて診断確定されたとき、給付金が支払われる
(1回限り)
【がん入院特約】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物で入院したとき、給付金が支払われる
(支払日数無制限)
【がん先進医療特約】
がん(悪性新生物)、上皮内新生物で先進医療による療養を受けたとき、技術料の自己負担額と同額が保障される
(支払限度額2,000万円)
払込回数 月払
払込方法 ・口座振替扱
・クレジットカード払
保険料の
払込免除
・不慮の事故で約款所定の身体障害状態になったとき
・がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき
以後の保険料の払込が免除される
公式サイト がんの治療を手厚くサポートするがん保険。楽天生命スーパーがん保険の特徴|楽天生命保険

保障プラン(終身払)

項目 基本プラン 安心プラン
【保険料】 30歳男性:1,416円
30歳女性:1,586円
30歳男性:3,296円
30歳女性:3,406円
【主契約】
抗がん剤治療給付金
1ヵ月ごと 10万円 1ヵ月ごと 10万円
【主契約】
ホルモン剤治療給付金
1ヵ月ごと 2万円 1ヵ月ごと 2万円
【主契約】
放射線治療給付金
1回につき 10万円 1回につき 10万円
【主契約】
手術給付金
1回につき 10万円 1回につき 10万円
【主契約】
がん治療支援給付金
 -  1回のみ50万円
【特約】
がん診断給付金額
(1年に1回、通算6回まで)
 -  50万円
【特約】
入院給付金
 -  1日につき5,000円
【特約】
がん先進医療
あり(通算2,000万円まで)

メリット部分

保障内容が充実しており、長期のがん治療に対応しているが、他のがん保険と比較が必要

一般的ながん保険ではがんと診断されたときに一時金が入る保障になっている商品が多いですが、楽天生命スーパーがん保険はがん診断一時金に加え、抗ガン剤治療やホルモン剤治療、放射線治療、手術なども保障しています。

がん治療は手術だけでOKというものではなく、その後の抗がん剤治療や放射線治療が長引いてしまうケースも多々あります。

高額療養費制度のおかげで月々の治療費は一定額以上は高くなりませんが、それでも治療が数か月~数年と長引いた場合、経済的にかなり圧迫してしまうため、抗がん剤治療や放射線治療を保障してくれるのは金銭的にかなりの助けになってくれるのです。

以上の事から、この保険は長期的ながん治療に向いている商品と言えるでしょう。

それ自体は魅力的ではあるのですが、長期的ながん治療を想定したがん保険が他にあり、そちらの方が良かったりする場合があります。

そのため、この保険を検討する場合は同じ系統のがん保険と比較してみてから決める必要が出てきます。

このへんについてはデメリット部分で詳しく解説していますので、楽天生命スーパーがん保険に興味がある方は良ければ読み進めていただければと思います。

楽天スーパーポイントバックが利用できるため、保険料が少しお得になる

楽天の保険商品に加入すると「楽天スーパーポイントバック」というポイント還元システムが利用できます。

これは
・月払保険料2,000円以上
・保険契約を1年以上契約

という条件を満たす必要があるのですが、これを満たすと5年間で最大6,000ポイントを受け取ることができます。(1ポイント=1円)

支払う保険料の額が高ければ貰えるポイントも多くなり、最大で年間1,200ポイントを受け取れる形になっていますので、これはかなりお得なサービスかと思います。

ちなみに保険料を楽天カード支払&楽天スーパーポイント受取でより多くのポイントを受け取れるようになるので、出来るだけ多くポイントを受け取れる条件で保険料を支払いたいですね。

楽天カード以外で保険料を支払ったり、楽天スーパーポイントで受け取らずに保険料から差し引く形にすると受け取れるポイントが少なくなってしまいますので、その点に注意してください。

楽天スーパーポイントバックについては、詳しくはこちらのページに載せています。もっとよく知りたいという方はチェックしてみてください。
「楽天スーパーポイントバック」の割引額をより多くする方法とは?楽天生命の商品を契約する場合は要チェック!

基本保障に保険料払込免除が付いている

楽天生命スーパーがん保険では基本保障の中に保険料払込免除が含まれています。そのため、がんになった場合などは給付金を貰えるだけでなく、それ以降の保険料の払込が免除されるようになっています。

具体的には、以下の2つのどちらかに当てはまった場合に保険料の払込が免除となります。

  • 不慮の事故によるケガで事故の日から180日以内に約款所定の身体障害状態に該当したとき
  • 初めてがん(悪性新生物)と診断確定されたとき

保険料払込免除は他のがん保険でも特約として用意されており、なかなか必要性の高い保障という印象があります。付いていて損はないはずです。

ただし、当然ですが基本保障で付いている分だけ保険料が上乗せされた状態になっています。もしこの保険料払込免除の保障を付けずに少しでも安い保険料で加入したいと場合は、別のがん保険を検討する必要があるでしょう。

がん保険のお勧め商品はこちらから探せます。参考までに・・。
がん保険 おすすめの比較と評価ランキング

デメリット部分

チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」の方が保障内容が良くて安い?

楽天生命スーパーがん保険は長期のガン治療に対応できる商品ではありますが、他にも似たような中身で良い保障内容のがん保険がありますので、そちらと比較した上で決めるのが良いかと思います。

具体例を挙げると、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」などは長期に対応できるがん保険の中でも特に保障内容が良く、しかも安い保険料で加入することができるため、非常にお勧めの商品となっています。

楽天生命スーパーがん保険も悪くない内容なのですが、終身ガン治療保険プレミアムDXと比べてみると少し見劣りしてしまうかなという感じがしてしまいます。

【終身ガン治療保険プレミアムDXとの比較】
・30歳男性
・終身払
・保険料払込免除特約付き

楽天生命スーパーがん保険 終身ガン治療保険プレミアムDX
(チューリッヒ生命)
保険料 860円 1,370円
抗がん剤治療給付金 ・10万円
・1ヶ月ごと
・通算36回まで
・10万円
・1ヶ月ごと
・給付金全てを通算して2,000万円限度
ホルモン剤治療給付金 ・2万円
・1ヶ月ごと
・通算60回まで
・10万円
・1ヶ月ごと
・給付金全てを通算して2,000万円限度
放射線治療給付金 ・10万円
・60日ごと
・通算限度なし
・10万円
・1ヶ月ごと
・給付金全てを通算して2,000万円限度
手術給付金 ・1回につき10万円
・通算限度なし
自由診療抗がん剤・
自由診療ホルモン剤治療給付金
・20万円
・1ヶ月ごと
・通算12ヶ月まで
・給付金全てを通算して2,000万円限度

大きな違いは、放射線治療給付金が楽天生命スーパーがん保険では60日に1回なのに対し、終身ガン治療保険プレミアムDXでは1ヶ月に1回となっています。貰えるペースが2倍というのは、最終的にかなりの金額の差になるのは容易に想像できます。

また、基本的に終身ガン治療保険プレミアムDXでは主契約全ての給付金を通算して2,000万円までという幅広い範囲なのに対し、楽天生命スーパーがん保険では治療によっては通算回数が決まってしまうのが気になります。

そして終身ガン治療保険プレミアムDXでは自由診療の抗がん剤・ホルモン剤治療に対しても対応しており、さらに倍の給付金が貰えるという点が見逃せません。通算12ヶ月までとなっていますが、自由診療も保障してくれるのはかなりありがたいと言えますね。

それでいて保険料も安いですので、長期のガン治療に備えるのであればチューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」の方が個人的にはお勧めだと思います。

先進医療特約が10年更新で、なおかつガン治療に限られている

この保険にはがん先進医療特約を付けることができますが、注意して欲しい点が2つあります。

それは
・10年更新
・がんの治療に限られる

という点です。

10年更新というのは何がいけないの?と思うかも知れませんが、10年の更新ごとに保険料が高くなってしまう可能性があるというのが痛いのです。もしかしたら10年・20年後に大きく値上がりするかも知れませんので、終身で保険料が変わらない方が結果的にお得になる可能性があるのです。

また、この特約ではがんの治療を目的とした先進医療を受けた場合のみ対応となっています。他の一般的な病気での先進医療を受けた場合は保障してくれません。

確かに先進医療はがんの陽子線治療や重粒子線治療が特に治療費が高くなる傾向にあるのですが、やはり他の病気での先進医療にも備えておきたいのが普通だと思いますので、残念ながらこの点はマイナス評価と言えます。

終身払しかない

楽天生命スーパーがん保険には保険料を終身まで払い続ける「終身払」しか用意されていません。もし一生涯の保障が欲しい場合、一生涯保険料を払い続ける必要があるのです。

終身払は「月々の保険料が安くなる」「他に良いがん保険が出た場合に乗り換えやすい」などのメリットがありますが、長生きした場合は終身払いだと結局支払う保険料の総額は高くなってしまうので、60歳払済や65歳払済も用意しておいて欲しかったなと思ってしまいます。

管理人の最終評価

長期のガン治療に備えられるという特徴がありますが、長期的に備えたいならチューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」の方が保険料が安くて内容が充実しています。

そのため、残念ながらこの保険は選ばれにくいだろうな・・と個人的には思ってしまいます。

管理人taka管理人taka

がん保険をお探しの方はこちらのがん保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク