男性の保険料(月額):2,690円
女性の保険料(月額):2,740円
(30歳、入院給付日額5,000円、退院保障付き、先進医療特約付)

2019年の4月から発売を開始している、楽天生命の医療保険です。

この商品は「1入院1,095日まで保障してくれる」という中身のため、3年間までの超長期入院を保障してくれるという大きなメリットを持っています。

ただし、その分保険料が高め(基本保障と特約の両方)となっていますので、リーズナブルな医療保険を求めている方には利用しにくくなっているという印象です。

詳しくは本文に書いてありますので、興味がある方は読み進めていただけたらと思います。

押さえておきたい注目ポイント

楽天生命「医療保険 1095α」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

【メリット】

  • 1入院1,095日まで保障されるため、長期入院を想定するとかなり役立つ
  • 楽天スーパーポイントバックを受けることができる(条件あり)
  • 10年更新のプランがあるため、短期利用を希望する方にも向いている
  • 無料の健康サポート付き

【デメリット・注意点】

  • 特約を含め、全体的に保険料が高い
  • 7疾病特約はほとんどが1回限りで、給付金も少ないので注意
スポンサーリンク

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

楽天生命「医療保険 1095α」の詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身
・入院給付金日額:5,000円
・退院保障付き
・先進医療特約付き

契約年齢 男性の保険料 女性の保険料
20歳 2,090円 2,245円
30歳 2,690円 2,740円
40歳 3,700円 3,430円
50歳 5,040円 4,515円
60歳 7,285円 6,585円

※ 上の表は2019年6月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

保障内容は充実していますが、その分保険料はかなり高くなっています。

保障内容

項目 内容
契約可能年齢 0歳~84歳
入院日額 3,000円~2万円(1,000円単位で選べる)
※ 契約年齢により範囲が異なる
入院した場合の支払い日数制限 1入院:1,095日まで
通算:1,095日まで
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身、10年
保険料払込期間:終身払、10年払
主契約 【重大疾病入院給付金】
3大疾病(悪性新生物・上皮内新生物・心疾患・脳血管疾患)で入院したとき、給付金が支払われる
(支払限度なし)
【疾病・災害入院給付金】
病気・ケガで入院したとき、給付金が支払われる
(1入院、通算ともに1,095日限度)
【手術給付金】
病気・ケガで入院し、所定の手術を受けたとき、給付金が支払われる
(回数無制限)
特約 【退院・通院特約】
退院:5日以上入院し、生存して退院したとき、給付金が支払われる(通算限度なし)
通院:退院日の翌日から120日以内に通院したとき、給付金が支払われる(1回につき30日、通算1,095日まで保障)
【がん特約Ⅱ】
初めてがんと診断されたとき、2回目以降はがんで入院したときに給付金が支払われる
(1年に1回、通算6回まで保障)
(上皮内新生物は1回限り)
【7大疾病特約】
7大疾病(急性心筋梗塞、脳卒中、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患、すい疾患)で入院したとき、給付金が支払われる
(急性心筋梗塞と脳卒中:1年に1回、通算6回まで保障)
(それ以外:1回限り)
【先進医療特約】
先進医療による療養を受けたとき、技術料の自己負担額と同額が支払われる
(通算2,000万円まで)
【3大疾病保険料払込免除特約】
がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき、急性心筋梗塞、脳卒中で入院したときに、以後の保険料が免除される
払込回数 月払
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保険料の
払込免除
責任開始期以後に生じた病気またはケガにより約款所定の身体障害の状態に該当したとき、将来に向かって保険料の払込が免除される
公式サイト 楽天生命医療保険1095α(アルファ): 楽天生命保険 【公式サイト】

メリット部分

1入院1,095日まで保障されるため、長期入院を想定するとかなり役立つ

楽天生命の医療保険1095αでは、他の医療保険では見られない大きな特徴を持っています。それは「1入院でも1,095日まで保障してくれる」というところです。

これについて何が良いのかがピンと来る方は少ないかと思いますが、通常の医療保険では「1入院60日まで、通算で1,095日まで」という保障内容となっていますので、その内容の場合は1回の入院では60日までしか保障してくれないのです。

また、1回入院したら180日経たないと新たな入院として認められないため、短い期間中に2回入院しても1回の入院とみなされ、60日限度になってしまうというパターンもあります。

このように、実は医療保険は長期の入院に対応できていないのがほとんどなのですが、楽天生命の医療保険1095αは1入院でも1,095日も保障してくれるため、3年間という超長期入院まで対応してくれるのです。

最近は医療の発達により、入院日数は年々少なくなっています。3年間ずっと入院するという事態になることはほぼ考えられないことではありますが、精神疾患や脳血管疾患の場合はかなりの長期入院になる可能性もありますので、その場合の入院費用などのお金の面での心配が減るのはありがたいですね。

「医療保険は長期入院に備えられてこそ」という持論がありますが、この商品はそれに沿った医療保険だと言えるでしょう。

楽天スーパーポイントバックを受けることができる(条件あり)

楽天生命の保険に1年以上継続して加入しており、月の保険料を2,000円以上払っている場合は「楽天スーパーポイントバック」を受けることができます。

もちろん、医療保険1095αもポイントバックの対象となっています。

5年間継続することで、最大6,000ポイント(6,000円相当)の楽天スーパーポイントを受け取るか、もしくは最大5,000円分の保険料を割引きにするかを選ぶことができます。

お勧めは楽天カード支払にして楽天スーパーポイント受取にすること。この方法だと割引率が最大になりますので、少しでもお得に利用したい方は是非お試しください。

より詳しく知りたい方はこちらのページに詳細が載っていますので、見ておいてください。
「楽天スーパーポイントバック」の割引額をより多くする方法とは?楽天生命の商品を契約する場合は要チェック!

10年更新のプランがあるため、短期利用を希望する方にも向いている

医療保険1095αは保険期間が終身だけでなく、10年更新のプランも用意されています。

10年更新での契約は終身契約よりも月々の保険料がかなり安いですが、10年の更新ごとに保険料が高くなっていくという性質を持っています。そのため、「子供が成長するまで」などの10年・20年での短期間での利用に向いています。

終身だけでなく10年更新も用意されているのは、医療保険を短期利用したいユーザーにとってはありがたいと言えるでしょう。

ただし、三大疾病プラン(保険料が高めのプラン)以外の場合、50歳以降からでないと10年更新のプランは利用できないため、若い世代では短期利用の機会が設けられていないのが残念なところです。

無料の健康サポート付き

楽天生命の保険に加入した場合、無料のメディカルサポートを受けることができます。

医療保険1095αに加入した場合も利用することができるようになりますので、健康面や精神面での不安が出てきた際は遠慮なく利用すると良いでしょう。

具体的には、以下の4つのサポートを受けることができます。

24時間健康サポートデスク 経験豊かな医師、保健師、看護師などのスタッフが、健康・医療・介護・育児・メンタルヘルスなどに関する相談に24時間・年中無休体制できめ細かくアドバイスしてくれます。
セカンドオピニオンデスク 医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり、現在の診断に対する見解や今後の治療方法・方法などについてセカンドオピニオンをしてくれます。
こころのサポートデスク 精神的な悩みやこころの問題について、臨床心理士、精神保健福祉士等の心理カウンセラーから電話や面談によるカウンセリングを受けられます。
糖尿病サポートデスク 糖尿病やその予防、治療に関する相談に、経験豊かな保健師・看護師等の相談スタッフがお答え。必要に応じて医療機関の案内や専門医の紹介もしれくれます。

デメリット部分

特約を含め、全体的に保険料が高い

医療保険1095αは長期入院に対応しているという大きなメリットがある一方、他の医療保険と比べても保険料は高めに設定されています。

基本保障は30歳男性の場合は他の医療保険の倍近く高くなります。特約に関しても30歳男性ががん診断給付金を付けた場合、1095αでは1,400円くらいの保険料となりますが、他の医療保険では700円~1,000円程度ですし、3大疾病の特約に関しても似たような差があります。

確かにメリットもある医療保険ではありますが、この保険料の高さは選ぶのを躊躇させるものではないかと思います。

加入前の注意点

7疾病特約はほとんどが1回限りで、給付金も少ないので注意

この保険は7疾病に対応した特約を付けることができますが、この特約を付ける際に前もって理解しておくべき点があります。

それは給付金額通り貰えるのが急性心筋梗塞と脳卒中に限られているからです(1年に1回、通算6回限度)。それ以外の病気(心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患、すい疾患)で入院した場合、給付金額の20%しか貰うことができず、しかも1回限りの支給となりますので、この点をしっかり把握して納得の上で特約を付けるようにしてください。

管理人の最終評価

様々な病気に対して長期入院に対応しているというのは大きなメリットですので、個人的には注目している医療保険ではあります。

保険料が高いのが気になるため、経済的に厳しい方や、リーズナブルで利用しやすい医療保険を探している方にはお勧めしませんが、「1年~3年単位の長期入院に備えられる医療保険を探している」という方なら一考の価値はあるのではないかと思います。

 公式サイトはこちらから
楽天生命医療保険1095α(アルファ): 楽天生命保険 【公式サイト】

管理人taka管理人taka

医療保険をお探しの方はこちらの医療保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪保険相談で紹介された商品を判断して欲しい方はこちらからお気軽に質問してください(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク