男性の保険料(月額):840円
女性の保険料(月額):840円
(30歳、10年満期、入院日額5,000円)

アクサダイレクトの定期医療保険です。保険期間は10年で、更新のたびに保険料は高くなっていきます(アクサダイレクトには終身医療保険もあります⇒こちら)。

そのため、長期で医療保障が欲しい方にはあまりお勧めではありません。また、先進医療特約などの役立つ特約も用意されていませんので、保障が充実した医療保険を探している方は他の保険を探した方が良いかと思います。

ただし、保障内容がかなりシンプルで分かりやすく、10年や20年での利用なら保険料もかなり安くなるため、短期間の医療保障が欲しい方にお勧めとなっています。

必要な人とそうでない人にハッキリわかれる医療保険のため、興味がある方はその点をしっかり把握した上で検討すると良いでしょう。


見積りはこちらから
定期医療のお見積り・お申込み


押さえておきたい注目ポイント

アクサダイレクトの「定期医療」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

【メリット】

  • 定期型なので、短期間の保障が欲しい方にお勧め
  • 保障内容がシンプルで、ネットで簡単に契約できる
  • ティーペック社の無料健康相談、セカンドオピニオン付き

【デメリット・注意点】

  • 10年の更新ごとに保険料がどんどん高くなるため、長期の保障が欲しい方には向かない
  • 先進医療特約などの役立つ特約が用意されていない
  • 長期入院にはまったく対応できない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

定期医療の詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:10年
・入院給付金日額:5,000円

契約年齢 男性の保険料 女性の保険料
20歳 670円 670円
30歳 840円 840円
40歳 960円 960円
50歳 1,480円 1,480円
60歳 2,940円 2,940円

※ 上の表は2018年12月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

10年更新の定期タイプの医療保険なので、契約時の保険料は安いのですが更新するたびにどんどん保険料が高くなる点に注意です。

保障内容

項目 内容
契約可能年齢 満20歳~満69歳
入院日額 5,000円~1万5,000円(1,000円単位で選べる)
入院した場合の支払い日数制限 1入院:60日まで
通算:1,095日
保険期間と
保険料払込期間
10年
主契約 【疾病・災害入院給付金】
病気・ケガで入院したとき、給付金が支払われる
(1入院60日、通算1,095日限度)
【手術給付金】
病気・ケガで入院し、所定の手術を受けたとき、給付金が支払われる
((入院給付金日額の10倍))
(回数無制限)
追加できる特約 【入院時一時金給付特約】
病気・ケガで入院したとき、疾病・災害入院時一時金をお支払いします
(1回につき3万円、1年間に2回の入院まで)
払込回数 月払
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払など
保険料の
払込免除
傷害または疾病によって所定の高度障害状態になったとき、または不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日からその日を含めて180日以内の保険料払込期間中に所定の障害状態に該当したとき、保険料の払込が免除される
公式サイト 定期医療保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

メリット部分

定期型なので、短期間の保障が欲しい方にお勧め

アクサダイレクトの定期医療はその名の通り、10年更新の定期型の医療保険となっています。

10年更新ごとに保険料が高くなってしまうので長期保障が欲しい方には向いていませんが、10年間・20年間だけの医療保障が欲しい方にとってはかなり安い保険料で契約できます。

そのため、「子供が独立するまで」「定年退職するまで」などの短期間での利用を考える方にかなり向いている商品となっています。

個人的に医療保険は長期入院に対応していない限りはあまりお勧めの部類には入らないと考えていますが、10年や20年などの短期間の利用のみの場合は安い定期医療保険であれば積極的に利用しても良いのではとも考えていますので、この保険はその意味では「短期保障が欲しい場合のみ価値がある商品」と言えます。

保障内容がシンプルで、ネットで簡単に契約できる

アクサダイレクトの定期医療は主契約が入院給付金と手術給付金のみ、特約が1つだけという保障内容となっており、ネットで簡単に契約することができるようになっています。

医療保険の中ではトップクラスでシンプルな内容のため、医療保険を初めて契約するという方でも問題なく理解できるかと思います。

保険は内容を理解しておかないといざという時に混乱してしまいます。にもかかわらず、一般的に販売されいる保険の中にはかなり複雑で難しいものも多くあるので、このようにシンプルで理解しやすい保障内容はとてもありがたいと言えますね。

ただし、保障内容がシンプルと言うことは、それだけ保障の範囲が狭いと言うことですので、もし先進医療やがん保障などの充実した保障も付けたいという場合は他の医療保険と検討した方が良いでしょう。

お勧めの医療保険はこちらのページで紹介していますので、良ければ参考にしてみてください。
医療保険 おすすめの比較と評価ランキング

ティーペック社の無料健康相談、セカンドオピニオン付き

アクサダイレクト生命の保険の中には、ティーペック社の無料健康相談・セカンドオピニオン紹介サービスが無料で受けられる商品がいくつもあります。

「定期医療」もそのサポートの対象保険商品となっているため、契約後は健康や医療に関する電話相談を無料でやってもらえます。

これは小さい子供が家庭にいて病院にいく時間がないお母さんや、仕事が忙しくて病院にいけない人達には特にお勧めのサービスとなります。夜中に子供が熱を出した場合の対処法なども聞けますので、万が一を想定した場合はかなりありがたいサービスと言えるでしょう。

日本を代表する名医にセカンドオピニオンをお願いすることも可能ですので、出来るだけ優秀なお医者さんにお願いしたいと考える方にもかなり役立つことでしょう。

デメリット部分

10年の更新ごとに保険料がどんどん高くなるため、長期の保障が欲しい方には向かない

アクサダイレクトの定期医療は10年ごとの更新のたびに年齢に応じて保険料が高くなってしまいます。最初は安いので「おお!これは良い♪」と思うのですが、その後はだんだんと高くなってしまうので、その点に注意が必要です。

例えば30歳で加入したときは840円なので、医療保険の中でも特に安い保険料となっていますが、これが50歳になるころには1,480円になってしまい、その10年後の60歳の時には2,940円という高さになってしまいます。

保障内容がシンプル=保障が少ないので安い保険料となっているのに、当初の3倍以上にまで保険料が高くなってしまうのはかなり痛いです。

そのため、当初のうちから「長く契約する可能性があるかも」という場合には最初から終身医療保険を検討することをお勧めします。その方が保障内容が断然手厚く、一定期間ごとに保険料が高くなることもありませんので。

この保険はあくまでも子供が独立するまで、または定年退職するまでの短期間の保障を得たい方に向いています。長くてもせいぜい20年~30年くらい利用する場合におすすめですので、それ以上の長期間の保障を検討する場合はこの保険は選ばない方が良いでしょう。

先進医療特約などの役立つ特約が用意されていない

この保険には特約が1つしか用意されていません。メリット部分ではこの点について「保障内容が分かりやすい」として解説していますが、裏を返せば一般的な役立つ特約が全く用意されていないと言うことになります。

特に痛いのが先進医療特約がないという点です。基本的に先進医療は公的医療と異なり、治療を受けた際は全額自己負担となり、場合によっては数百万円という高額な治療費を取られてしまいます。

先進医療特約はそのようなまだ保険給付の対象になっていない治療を受けた際、かかった技術料相当額(自己負担額)を通算2,000万円まで保障してくれるというものなのです。

実際に先進医療を受ける確率はかなり低いので必要ないケースが多いですが、万が一に備えるという意味では医療保険の中では最も保険として価値がある特約と言えるのです。

この先進医療特約は100円前後で付けることができるため、医療保険やがん保険に加入する際は出来るだけ入ることを検討して欲しい保障です。この特約が用意されていないのはかなりデメリット部分と言わざるを得ません。

保険料の安さだけで選ぶのではなく、充実した医療保障も重要視していきたいという場合は、別の医療保険またはがん保険を選ぶのが良いでしょう。

長期入院にはまったく対応できない

アクサダイレクトの定期医療は「1入院60日まで」となっています。通算は1,095日限度となっていますが、これはあくまでも通算であり、1回の入院が2ヶ月を超えるような長期入院の場合はもう対応できなくなってしまいます。

他の医療保険やがん保険では七大疾病時は入院保障日数が延長、または無制限保障になってくれるところが多いですが、この保険では入院保障日数の延長は用意されていないのです。

個人的には医療保険は長期入院に備えられてこそ魅力あるものであり、長期入院に対応できないのであれば貯蓄でも良いのではないかと思っています。その点に対して全く対応できないこの保険は、医療保険としては魅力的な部分を大きく欠いている言っても良いと思います。

管理人の最終評価

先進医療特約などの役立つ特約がなく、長期入院にも対応できないため、終身で医療保障を探している方には全くお勧めできません。

その反面、10年単位で医療保障が欲しい場合はかなり安い保険料で加入できるため、「子供が独立するまで」「定年退職するまで」の短期間の保障としてはなかなか注目すべき保険と言えるでしょう。

ただ、短期保障として考えた場合でも、この少ない保障内容であればもっと保険料を安くしても良いのではないか・・とも思います。そのため、定期の医療保険を探している方には県民共済の「入院保障2型」の方がお勧めではないかと思います。

見積りはこちらから
定期医療のお見積り・お申込み

管理人taka管理人taka

医療保険をお探しの方はこちらの医療保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪保険相談で紹介された商品を判断して欲しい方はこちらからお気軽に質問してください(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク