男性の保険料(月額):1,340円
女性の保険料(月額):1,375円
(30歳、入院日額5,000円、終身払、先進医療特約付き)

基本保障だけならかなり安い保険料で契約できる医療保険です。安いだけあって基本保障だけだと物足りない部分もありますが、なかなか魅力的な特約が揃っているので、保障を充実させたい方にも向いています。

また、ティーペックの無料サポートが受けられるため、セカンドオピニオンが利用できるのもポイントです。保険料が安いのに質の良いセカンドオピニオンが付いているのはかなりお得だと言えるでしょう。

押さえておきたい注目ポイント

アクサダイレクト生命の医療保険「終身医療」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

医療保険の中でも特に安い保険料
3大疾病時の保険料払込免除特約が付けられる
ティーペック社の無料健康相談、セカンドオピニオン付き
入院の延長が基本保障にない
手術給付金額が低め
がん診断特約が付けられない
スポンサーリンク

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

アクサダイレクト生命「終身医療」の詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身払
・入院保険日額:5,000円
・先進医療特約付き

契約年齢 男性 女性
20歳 1,000円 1,165円
30歳 1,340円 1,375円
40歳 1,850円 1,735円
50歳 2,735円 2,415円

※ 上の表は2016年3月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

基本保障の場合は特に目立った特徴やメリットはありませんが、その分とにかく保険料が安いです。安さを求める方は要チェックだと思います。

保障内容

項目 内容
契約可能年齢 60歳満了:満20歳~満50歳
65歳満了:満20歳~満55歳
終身払:満20歳~満69歳
入院日額 20歳~60歳で契約:5,000円~15,000円
61歳~69歳で契約:5,000円~10,000円
入院した場合の支払い日数制限 1入院60日、通算1,095日まで保障
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身
保険料払込期間:60歳払済・65歳払済、終身払
主な特約 【先進医療特約】
先進医療を受けたときに先進医療給付金(通算2,000万円限度)と先進医療一時金(1回につき10万円限度)が支払われる
【3大疾病保険料払込免除特約】
3大疾病により入院した時、以後の保険料の払込みが免除される
【長期入院時一時金給付特約】
入院日数が61日に達したとき、一時金50万円が支払われる
【入院時一時金給付特約】
病気・ケガで入院したとき、1回につき5万円が支払われる(1年間で2回まで)
【女性疾病入院特約】
がんや女性特有の病気で入院したとき、入院給付金と同額が支払われる
払込回数 月払
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保険料の
払込免除
「3大疾病保険料払込免除特約」を付けることで可能
非喫煙者割引 なし
資料請求、
申込み
アクサダイレクト生命公式サイトよりお願いします
インターネットで加入できる医療保険 | アクサダイレクト生命保険

保障プラン

項目 入院日額5,000円の場合
1回の入院の支払限度日数 60日
【主契約】
入院給付金
(日帰りOK)
(通算1,095日限度)
1日につき5,000円
【主契約】
手術給付金
(何回でもOK)
入院中:5万円
外来:2.5万円
【主契約】
死亡給付金
5万円
【特約】
先進医療特約
技術料の実費(通算2,000万円まで)
さらに1回につき10万円の一時金
【特約】
長期入院時一時金給付特約
1回につき50万円
【特約】
入院時一時金給付特約
1回につき5万円
【特約】
女性疾病入院特約
入院給付金と同額

メリット部分

医療保険の中でも特に安い保険料

アクサダイレクト生命の終身医療は、基本保障だけで見るなら数ある医療保険の中でも特に安い保険料となってきます。

まあ基本保障が入院給付金、手術給付金、あとはおまけ程度の死亡給付金だけで、しかも入院給付金に関してはどんな病気でも1入院につき60日までとなっており、ガンをはじめとした三大疾病、そして7大生活習慣病で入院が延長するわけではありませんので、他と比べて安いのは当然と言えるのです。

そのため、長期入院を想定するなら心もとない基本保障となっているのですが、必要とあらば「入院日数が通算61日を超えたら50万円」が貰える特約(有料)を付けることもできます。

また、基本的に61日以上入院するケースは1割程度であり、約9割の方は60日以内で退院するというデータもありますので、必要ない部分を削って保険料を安くしたと考えることも出来ます。

基本的な入院・手術保障だけが欲しいという方にはこれ以上ないほどの安さなので、検討の価値は十分あるかと思える医療保険です。

ただし、安さを求めるなら県民共済の「入院保障2型」もかなりの魅力を持っているため、そちらも合わせて検討することをお勧めします。ちなみに県民共済の方は終身保障ではありませんので、検討の際はそこのところも考慮に入れてもらえればと思います。

3大疾病時の保険料払込免除特約が付けられる

この保険は3大疾病保険料払込免除特約が付けられるようになっています。これは有料の特約ではありますが、3大疾病(悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中)で入院した場合は以後の保険料の払込が免除になるというなかなか注目すべき特約なのです。

有料とは言っても、30歳男性が契約する場合は月々206円を加えるだけで済みます。悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中はどれも休職に追いやられてしまう可能性がある病気のため、保険料を払い続ける心配がなくなるのは精神的にも経済的にもかなり助けになると思います。

保険料払込免除の特約は他の医療保険では付いていないところも多いため、この存在はかなりありがたいところです。

ティーペック社の無料健康相談、セカンドオピニオン付き

アクサダイレクト生命の保険の中には、ティーペック社のメディカルコールサポート24(健康相談・メディカルコンサルテーション)が無料で受けられる商品がいくつもあります。

この終身医療もそのサポートの対象保険商品となっているため、契約後は健康や医療に関する電話相談を無料でやってもらえます。

これは小さい子供が家庭にいて病院にいく時間がないお母さんや、仕事が忙しくて病院にいけない人達にとってはかなりありがたいです。また、健康に不安があって相談相手が欲しいけど、病院だとお金が取られるかななぁ・・という方に最適なサービスとなっています。

メディカルコールサポート24は2種類のサービスで構成されていますので、状況に合わせて使い分けていくことが出来ます。

【24時間電話健康相談サービス】
・被保険者だけでなく、同居の家族も無料で利用可
・24時間365日、医師・保健師・看護師などの相談スタッフが電話で応えてくれる
・比較的軽い症状の時に利用するのがベスト(子供に熱がある、ストレスでまいっている、ケガの応急処置が知りたい、夜間・休日に診察してくれる病院を知りたいなど)

【メディカルコンサルテ―ション】
・被保険者のみ無料で利用可
・名医による相談サービス
・セカンドオピニオンを聞けたり、優秀専門臨床医を紹介してもらえる
・高度な医療が必要と言われた場合に使いたい

より詳しい情報が知りたい方はこちらの公式サイトへ
メディカルコールサポート24 | アクサダイレクト生命保険

デメリット部分

入院の延長が基本保障にない

保険料が安いのは良いのですが、その分基本保障の内容が他と比べて少々物足りなくなっています。

まず気になるのが「入院の延長が基本保障に入っていない」ということ。例えばオリックス生命の新CURE(キュア)の場合は基本保障でガンを含む三大疾病になった場合は日数無制限で保障されるようになり、七大生活習慣病になった場合には120日までの保障に拡大されるようになっています。

アクサダイレクトの終身医療とは大きな差がありますね。ですが、メリット部分でも解説していますが、61日以上入院するのは全体の1割にも満たないため、そこまで気にしなくても良いところなのかも・・という解釈も出来ます。

また、長期入院時一時金給付特約を付けると通算入院日数が61日を超えると50万円の一時金が受け取れるようになります。これは1回だけでなく、何回でも可能なので、最も厄介な「長期入院」に対して金銭的に備えることも出来ます。

長期入院時一時金給付特約を付けると保険料がそこそこ上がってしまうのが痛いですが、保険の本質である「万が一の場合の保障」を得るために検討しておきたい特約ではあります。

手術給付金額が低め

基本保障の手術給付金額が低めです。入院給付金5,000円のケースで、オリックス生命の新キュアと比べてみると分かります。

終身医療
アクサダイレクト生命
新CURE(キュア)
オリックス生命
入院中:5万円
外来2.5万円
入院中:10万円
外来2.5万円

外来の手術給付金額は同じですが、入院中だと新キュアの方が倍も貰えます。いくらアクサダイレクト生命の終身医療の方が保険料が安いとはいえ、もうちょっと頑張って欲しかったところです。

がん診断特約が付けられない

他の医療保険ではがんと診断されたときに給付金(50万円~)が貰える「がん診断特約」を付けることができるケースが多いです。

この特約は重度のがんになった時などに、複数回給付金が貰えるので非常に役に立つ特約です。医療保険よりもがん保険の方がお勧めである大きな理由になっているほどです。

なのですが、この保険ではがん診断特約が付けられません。病気で怖いのはやはりガンだという人はかなり多いので、がん家系で特にがんが心配という方は他の医療保険、またはガン保険に入った方が良いでしょう。

管理人の最終評価

保障内容は特に目立ったところはありませんし、少々物足りないと感じられます。ただし、保険料はかなり安いので、安さを求める方は検討してみるのも悪くありません。

管理人taka管理人taka

医療保険をお探しの方はこちらの医療保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク